転職エージェントをうまく利用

転職においてSI業界からの転向を考えた際、他のIT業界の職種がどの様な内容でやりがいがある仕事なのかを事前に把握することは転職を成功させるために重要な情報となります。
しかし、個人での求人募集調査や転職サイトを利用した情報収集では得られる情報に限界があり、検討しているIT業界の職種、仕事のやりがいについての詳細はわかりません。
この様な場合、採用面接の場でやりがいのある業務であるか質問をすることになりますが、採用担当者と現場の人間は違いますので、具体的な業務の内容を詳細に把握することは難しいでしょう。
また、仮にその転職先へ転職したあと、想定していた認識と業務にギャップがあれば転職の失敗となります。
この様な認識違いを無くすため、転職エージェントを利用した転職活動が有効です。

転職エージェントでは求人募集している会社と契約し、求人募集する職種の内容や現場の状況などの情報を把握しています。
そのため、転職希望者が希望する職種にあった転職先の紹介をする際、その職種のやりがいなど具体的な情報を提供してくれます。
また、転職希望者が直接転職先にやりがいを確認したいという状況になれば面接時のアプローチ方法などの指導も行ってくれますので、効果的な転職活動が可能になります。

なお、各転職エージェントにも特徴があります。
IT業界のみに特化した特化型エージェントやどの業界でも満遍なく対応する総合型転職エージェントなど様々です。
多くの情報を得るために、複数の転職エージェントを利用する方法が良いでしょう。
複数の転職エージェントを利用することで、よりやりがいのある転職先が見つかります。
たとえばSI業界からの転身術で紹介されている転職エージェントなどを利用すると、転職活動をより有利に進められるかもしれません。