理解のギャップを覚悟する

SI業界で働いているエンジニアは、多かれ少なかれ自分の専門性を理解してもらえる同僚や上司が同じ企業内にいます。
その差異を生み出すことで自分の立場を作り上げようと努力はするものの、基本は上司から教わって知識や経験を蓄えて成長していくことになるでしょう。
なかなか先輩を越えるというのは難しいと感じるかもしれません。
とはいえ、SI業界で働いている限りはITの言語で話をすることができます。

ところが、SI業界からの転向を行うとどの業界に行っても大抵は同じ企業内に自分の専門性を理解できる人がほとんどいなくなるでしょう。
専門的な技術や言語に対する理解度のギャップは著しく、自分が行っている仕事について詳しく同僚に理解してもらうのが難しくなります。
数人のエンジニアを抱えている場合にはその間で相談することができますが、比較的小さな企業でエンジニアが若干名しかいないときには互いの理解が図れない場合もあるでしょう。
自分一人しかいないというケースもあり、独力でエンジニアとしての仕事を遂行しなければなりません。

独立してでも働ける程度の力を身につけていないと転職してから苦労することになりやすいため、十分な素養を積んだ上でSI業界からの転向を検討するのが大切です。
同僚からの理解度のギャップがあるのは覚悟しておき、いざとなったら自分だけで専門的な仕事は全て完結させるという意気込みを持った上で新しい業界で働き始めるようにしましょう。