引き継ぎの準備をしておく

SI業界で働いてきたエンジニアは、十分なキャリアを積んだと判断すると他の業界への転向を考えることがよくあります。
自分の進みたい方向性が決まっていて、それまでの経験を積むためにSI業界で苦難の道を乗り越えてきたというエンジニアは多いのです。

SI業界からの転向を決めて、転職活動をすると速やかに決められる人もいます。
特に目的を持ってSI業界で働いてきた人の場合には、あまり苦労すること無く次の職場を決められるでしょう。
人によってはあまり計画性が無かったためにSI業界からの転向に苦労する場合もありますが、概して高い能力を評価され受け入れられることが多いのが特徴です。

しかし、たとえ速やかに転職を決められたという場合にも、実際に職場を去って新しい職場で働き始めるときには苦労があります。
最も大きな障害となるのが引き継ぎであり、これまで必死に働いてきて作り上げた顧客とのつながりについて他のエンジニアに引き継がなければなりません。
転職に速やかに成功できるほど成果を上げてきた有能なエンジニアほど、引き継ぎにかかる労力が大きくなるのは明らかでしょう。
想定していたよりも長い期間を費やさなければならない場合も多く、採用通知を受けてから何ヶ月も経ってようやく新しい職場で働き始められるようになるということも珍しくありません。
SI業界からの転向を考えるときには、予め引き継ぎを想定して準備をしておくのが重要になります。