マーケティングスキルが重要

主に業務系のシステム開発を行ってきたシステムエンジニアがWebエンジニアに転職するためには、マーケティングのノウハウやスキルを身につけることが大切です。
SI業界において主に開発しているシステムは、ユーザーが本来の業務を行うために必要としているツールにしかすぎません。
そのため、開発するシステムはユーザーの要件によってまちまちであり、エンジニアは案件ごとによって異なる業務知識をその都度把握し、設計開発を行う必要があります。
つまり、エンジニアがその都度必要とする業務知識はユーザーの案件によって異なるので、その業務知識という面においてユーザーより優位に立つことは一般的には困難であると言えるでしょう。

しかし、Web業界で開発されるシステムは特定の業務を効率化させるためのツールというものではなく、インターネットという広い世界を活用し商品の良さや魅力をアピールしたり、市場に潜む潜在的ニーズを探るためのものです。
そのため、最初から明確に決まった仕様のものを開発するというよりは、トライアンドエラーで常に高い結果を求め、探索していくための開発を継続して行うことが一般的です。
つまり、Web業界で必要となるスキルは特に決まってはおらず、自らが行うべきミッションをより高い精度で実現させるために必要なスキルや技術をその都度自ら身につけていく必要があります。

このように、SI業界からの転向に必要なものは今までのような言語スキルや特定の業務の知識ではなく、Webマーケティングを行うためのスキルがとても重要であると言えます。